知りたい!血液クレンジングってどんなもの?

血液クレンジングって何?

血液クレンジング、名称からすると血液がきれいになりそうですが、実際は何をするのでしょうか?血液クレンジングとは血液オゾンバイタル療法とも言い、オゾンガスを使った治療法のことです。自家血オゾン療法では、抜いた血にオゾンガスを混ぜたのちに、その血を体内に戻すことで血液を活性化させ、自然治癒能力を高めます。ドイツ発祥の治療法で、ヨーロッパでは40年以上前から行われてきました。健康な状態でも病気にかかっていても受けることが出来ます。

どんな効果があるの?

血液クレンジングには、老化防止、免疫力の向上、細胞が活性化することによる抗酸化力の向上や代謝の亢進などの効果があるほか、血液の循環がよくなるので、血液がドロドロで流れにくくなっている人は、血液流動性に改善が見られます。疲れにくく、病気にかかりにくい体質になるので、頭痛や肩こり、慢性疲労が改善したという人も。がんや糖尿病、B型・C型肝炎、慢性関節リウマチ、更年期障害、アトピー性皮膚炎、アルツハイマー病など、幅広い病気の治療に用いられています。

副作用やリスクはないの?

オゾンガスは、濃度が上がると抗酸化力の低い気管支などに影響が出ます。しかし、血液クレンジングで用いるオゾンは、体内に血液を戻す時には残っていないので、安全なのです。ボトルなど使用するものは使い捨てなので、他人の血液からの感染症の心配もありません。代謝が亢進するため、甲状腺機能亢進症を治療中の人は受けられない場合があります。また、妊娠中の人なども受けられない場合があるほか、煙草をたくさん吸ったりお酒をたくさん飲む人には効果が低いこともあります。

血液クレンジングとは自分の血液を100ccほど採ってオゾンガスを溶解させて体内に戻すという医療法で、40年以上前に開発された方法です。