永久脱毛がかなうのは、医療機関でのレーザー脱毛か電気針脱毛

出力の高い装置が扱える医療機関

永久脱毛の定義は、毛が永久にまったく生えなくなることではなく、米国では、施術した毛がひと月後に2割以下しか生えない状態、としています。ちょっとがっかりする人もいるかもしれませんが、毛の再生能力は非常に高いので、これだけ達成するにも相当強いパワーが必要となります。現在、永久脱毛の主流となっているのはレーザー脱毛ですが、高い出力の出る装置を扱えるのは、医療機関だけです。永久脱毛は医療行為なので、医療機関でおこなうことになります。

レーザー脱毛より効果が高い電気針脱毛

医療機関でおこなう永久脱毛方法は、以前は電気針脱毛だけでした。針を毛穴のひとつひとつに刺して電気を流し、毛根にある毛母細胞を焼き切るという方法です。効果はレーザー脱毛より高いのですが、たいへん手間がかかり、その分費用も高くなるため、レーザー脱毛に取って代わられ、現在はほとんどおこなわれていません。痛みも相当強かったようで、なかなか普及には至らなかったようです。レーザー脱毛も痛みは強いと言われますが、電気針脱毛ほどではなさそうです。

永久脱毛をするメリット

永久脱毛をするメリットは、果てしない自己処理から解放されることでしょうね。自己処理は肌を傷めますし、生えかけの短い毛はどうすることもできません。毎日剃るか、毛抜きで抜くか。毎日そっても毛の断面は黒く透けて見えますし、毛抜きで抜くと膨大な時間がかかります。埋もれ毛や巻き毛になって、肌がザラザラブツブツにもなります。1年中自己処理を続ける人もいるでしょうし、春夏だけという人もあるでしょうが、いずれにせよたいへんな作業です。

医療脱毛は毛周期に合わせながら回数を重ねることで効果を得ることができます。毛の根元にある毛乳頭を破壊する行為を行うマシーンには種類があります。安全で確実な技術をもつ医療機関を選ぶことがポイントです。